ダブルワークのケース

ダブルワークのケース

社会人でもアルバイトをしたいと思っている方はいるでしょう。
現在は、不況のせいで、給料は上がらず、残業もなくなって収入が減ってしまったという方も多いようです。
そこで、空いている時間にアルバイトをする方が多くなっています。
普段はフルタイムの仕事をしながら、休みの日や夜間にアルバイトをするのです。
この場合、シフトが自由に組めるアルバイトをお勧めします。
本業をもっていると、アルバイトができなくなる期間もあります。
そのため、空いている時間を使うという考えで探していきましょう。
社会人の方には土日のみのアルバイトが良いのではないでしょうか。
土日が忙しいところはたくさんありますし、「ダブルワーク歓迎」の求人もあります。
それから、登録制のアルバイトであれば、空いた時間だけ仕事を紹介してもらうことができます。
単発のバイトであれば、本業の都合に合わせて働くことができるでしょう。
それから、ダブルワークをするにあたっては、会社でアルバイトを禁止していないかどうか確認しましょう。
アルバイトの収入が年間20万円を超えると、確定申告が必要になります。
この時、住民税の額で、会社の経理担当者にアルバイトしていることが見つかってしまいます。
アルバイトがバレると職を失うこともありますので、就業規則をしっかり確認するようにしましょう。

    Copyright(C) アルバイト奮闘記 All Rights Reserved.